就職面接に受からなかった学生は

就職面接に受からなかった学生は、とにかくショックを受けます。採用担当者は優秀な人だから、その人に評価されなかった自分は価値がないと考えがちです。しかし、それは違います。採用担当者も様々で、面接が得意な人もいれば苦手な人もいます。やる気があまりない人だっているでしょう。また、採用担当者は機械ではありません。人間である以上、相性と言うものもあります。相性が良くなかったために、面接がスムーズにいかなかったと言うこともあるでしょう。しかし、相性が合わなかったと言うだけで不採用にされることはあり得ません。

どこの企業でも、統一された判断基準を設定しています。採用担当者と相性が合わないからダメと言うわけではありません。相性が良くない採用担当者にあたったらどうしようと不安を抱く人も多いです。しかし、そんなことは考える必要はないでしょう。不安を抱えていると力が発揮できません。必要以上に不安になるよりは、ある程度開き直って積極的にトライしましょう。一定レベル以上の実力がある人は、1回位不採用になったとしても、必ず他の企業には受かります。不採用になっても、決して自分には能力がないと落ち込まないようにしましょう。