面接は応募書類を提出した時点から始まっている

就職活をしている学生が頭に入れておかなくてはいけないのは、面接は応募書類を提出した時点から始まっていると言うことです。応募書類の完成度が著しく低ければ、面接にまでたどり着くことはできません。万が一たどり着けたとしても不利になるでしょう。応募書類がきちんと書けていれば、それに関連した質問をされても答えることができます。しかし、応募書類が不十分であれば、その点を採用担当者に突っ込まれるでしょう。最低でも自己PRと志望動機は、時間をかけてしっかり考えることです。これら二つについては、どんな企業の面接でも聞かれることになります。

自己PRと志望動機は、どの企業でも通用するものを一つは用意しておきたいところです。しかし、丸暗記してどの企業でも同じことを言うと言うのではいけません。そう言う人は採用担当者にすぐに見抜かれてしまいます。言うまでもありませんが、内定をもらうことはできないでしょう。基本的な内容をベースにしつつ、応募先の企業によって強調する点を変更することです。自己PRも志望動機も、いきなりその場で考えることはできません。この二つの質問されても困らないように、しっかり対策をしておきましょう。