就職面接で好印象を与える質問の答え方

就職面接で色々質問されると言うことは、誰でも分かっています。好印象を与えられるように、事前にしっかり答えを考えていくでしょう。しかし、なかなか結論にたどりつかない話し方ではいけません。内容が素晴らしくても、採用担当者の耳には入らないと考えましょう。当然、印象にも残らないので内定は勝ち取れません。面接では何か質問されたら、結論から話し出すことが重要になってきます。時間が限られているわけですから、結論が分かるまで時間がかかる話はマイナス評価されると言うことを頭に入れておきましょう。重要なことは先に言う、これが基本です。

また、結論から先に話す人は、プレゼンテーション能力が高いと評価されます。企業にとって、面接と言うのは仕事がしっかりできる人を探す場です。無駄な部分が多い話をする人に対して、仕事ができそうと感じる採用担当者はいません。少しでも分かりやすく話せるように努力しましょう。さらに、大きな企業の採用担当者は、大勢の応募者と対面しています。採用担当者も人間ですから疲れるでしょう。そんな状態の採用担当者に、だらだらと結論の定まらない話をしていいわけがありません。結論から話し出し、簡潔にと言うのが常識です。