無理にキャラをつくって面接に臨まない

どの企業も、基本的には元気があって明るい人を採用したいと考えています。だからと言って、無理に元気を出そうとしたり、明るく振る舞おうとする必要はありません。しかめっ面よりは笑顔の方がいいでしょう。しかし、無理をして笑顔をつくる必要はないです。全ての人が明るいわけではありません。無理にキャラをつくって面接に臨んでも、失敗する確率が高くなります。学生の場合、緊張して顔がこわばっていても、初々しさがあると言うことで好印象を持たれることがあります。笑顔が全てではないと言うことを頭に入れておきましょう。

面接時間は限られています。採用担当者に自分のことを分かってもらうには、ハキハキ話すのが基本です。はっきりしない口調で話すのは印象がよくありません。しかし、普段から口数が少なく、どうしてもハキハキ話せないと言う人もいるでしょう。そんな人は、おとなしいなりに分かりやすく自分を伝えることに徹することです。必要のないことをだらだらと話すのはやめましょう。結論から話すようにすれば、好印象を持ってもらいやすいです。企業は明るく元気な人を採用したいと言っても、そう言う人ばかり採用しようとは考えていません。自分を隠す必要はないです。