面接試験に備えるために

初めての面接試験の時は、誰でも不安な気持ちになります。失敗するのではないか、と恐れの気持ちがあるのは当然です。それでも、毎日の生活のために就職する必要がある人や、家計を助けるためにパートタイムをする必要がある人もいます。では、上手に就職の面接試験をパスするために、まずどんな点に気を付けるとよいでしょうか。

まず、自分の長所と短所について正直に自己分析しましょう。このことを知っていると、過度に自信を持って、不当な要求をしないで済みます。簡単すぎると思える仕事でも、経験を積むためにきちんと果たすなら、そのうちより大きな責任を任されるようになります。そして、次に自分の付きたい仕事に何が求められているかを調べ、その要求にかなうように準備をします。必要な資格を前もって持っておく必要もあります。大切なもう一つの点は、第一印象は永続する、ということです。事務の仕事でも工場の仕事でも、就職試験の際は、きちんとした服装で臨むほうが無難です。ジーンズにスニーカーといった過度にくだけたものではなく、清潔できちんとした身なりをする必要があります。履歴書もきちんとした字で、丁寧に書き、折り目ができないようにファイルに入れて持参するようにします。